見て、触れて ほっと休まる木工作品
まるたんぼうのトップページ まるたんぼうのギャラリー まるたんぼうのトピックス まるたんぼうの工房 まるたんぼうのプロフィール まるたんぼうのブログ まるたんぼうの街 リンク
24年前、ログハウスの作り方が記された本を片手に、地元の森林組合の方から安く木材を分けていただき、見よう見まででつくりはじめた建物が「まるたんぼう」の工房です。

道具も満足に揃ってないので、木を削るのもままならず、クレーンの費用も無いので滑車を使って手作業で丸太を持ち上げながら組み立てるなど、竣工まで約2年・・・チェーンソーも2台壊しました。
その間、多くの友人や近くの大工さんの助言や協力もあり、作り上げることができた建物です。

実は、この建物は住居兼用でうどん屋をはじめようして作ったものなのです。
実際に、棟上げの際に集まった人達に“うどん無料券”を配りました。

ところが、ログハウス作りに励んでいるうちに、一人また一人と、「実はログハウスの家に住みたい」という人が現れたのです。
その人達の家づくりを手伝ううちに、いつの間にやらログビルダーになってしまい、以来、年に1〜2棟作り続けています。

こうして、木工にたずさわっているのも、この2年が原点。
毎日、木と触れ合ううちに「ほっと休まるこの温もり」を多くの人達に伝えたいと思い、ログハウス作りの合間に、自然木を使った木工作品を作り続けています。

今や「まるたんぼう」のトレードマークになっている、“ユニークマン”もしかり。
私がログハウスと格闘している時に、妻のまゆみが面白い形をしたヒノキの枝を選び、
何気なく作ったのがはじまりです。
楽しみで作っていたものが、多くの人達から分けて欲しいという要望が舞い込むようになったのです。
そして、いつしか“うどん屋”の店舗が作業場に・・・

友人からは、「いつになったらあの無料券は使えるのかな?」と言われています。

10年前、隣に住居専用のログハウスを作ることができた(この時は、10ヶ月で・・・)ので、工房とギャラリーとして使っています。
近くにお越しの際は、気軽にお立ち寄り下さい。

工房まるたんぼう代表/なのはな木工クラブ代表  
 桑鶴義行   

10:00openー18:00close

工房まるたんぼう       
〒891-0514 鹿児島県指宿市山川大山17-4
tel:0993-34-1652 fax:0993-34-1653

詳しく見る
◇◇◇◇◇ Copyright(C) marutanbou 2008〜2013 All right reserved